資産運用で株式投資を選ぶなら証券会社を利用

資産運用マニュアル

銀行預金

ローリスクローリターンではあるが、銀行預金というものも立派な資産運用の1つである。
ローリスクである理由は、銀行が倒産するようなことが無い限り元本が減ることも消滅することもないためである。
しかし、銀行金利というのは非常に低いものであるため、リターンとして得られる金銭は非常に少ない。
そのため、投資の世界で生きる者は銀行預金等のローリスクローリターン投資のみをする人は非常に少なくなっている。

不動産投資

hudousan

最近では、不動産投資で資産運用をするものが増えている。
不動産投資とは、マンション等を購入しそれを人に貸し与え賃貸料を得る方法である。
このような不動産投資は、ミドルリスクミドルリターン投資と呼ばれている。

不動産投資が人気になった理由は、後で紹介するハイリスクハイリターン投資に比べリスクがかなり軽減されることにある。
不動産投資の場合、損をすることもあるが、元本である建物や土地は残る。
つまり、建物や土地の値段が下がったとしても、資産として存在する状況だということである。
そのため、採算が合わない状態であれば不動産を売却することにより、ある程度の金銭は戻ってくるのである。

株式と為替

kabusiki

ハイリスクハイリターン投資は、最も投資家が多い世界である。
そのハイリスクハイリターンとして有名なのが、株式投資と為替投資になる。
資産運用としてこれらのハイリスクハイリターン投資を選んだ場合、全てを失ってしまうリスクを考えなければならない。
何故ならば、ローリスクローリターン投資やミドルリスクミドルリターン投資と違い、元本が残らない可能性も存在するからである。
しかし、他の資産運用に比べると、これらの運用方法は圧倒的に金銭を得ることが出来る。
そのため、多くの投資家達がこの世界に参加しているのである。


話題のサイト

手軽に始められる資産運用とは【初心者でもできる資産運用・不動産投資編】

ヘッドライン

syoukeigaisya

仲介

証券会社という言葉を知っていたとしても、一般人の多くは何をしてい…

tousi

企業

株式投資とは、企業に投資することにより、配当金を得られるものであ…